どうなっとうと?デジタル (西日本新聞コラム)

待望のUber Eats、福岡上陸!!

Q.最近、スマホで注文できるデリバリーが人気と聞きました。

A.デリバリー、宅配、出前と呼び名こそ違えど、自宅まで食べ物を持ってきてくれるサービスは便利ですよね。ラーメンや中華の出前、ピザやおすしの宅配はおなじみで、店に電話して配達してもらいますが、今、注目を集めているのは注文代行サービスです。

LINEには、「LINEデリマ」があります。登録されている飲食店の商品を一定額以上注文すると、指定の場所まで届けてくれます。街にはいろんな飲食店がありますが、各店が出前をしているかどうか、普段は意識しないものです。LINEデリマを「友だち追加」しておくと、急に必要になったときに便利です。

都市部で人気を呼んでいるのは「Uber Eats(ウーバーイーツ)」です。アプリに住所を指定すると、その住所が配達可能エリアにある登録店が表示されます。驚くのが、おしゃれなカフェや人気の飲食店の料理も配達されること。

「配達=大手フランチャイズ店」

というイメージがありますが、注文と配達をウーバーイーツが担うことで、これまでは配達に対応できなかった飲食店でも可能になったようです。

さらに面白いのは、配達するのが一般の人ということです。配達員として登録した人は、注文が入ったら店まで料理を取りに行き、指定の住所まで運びます。支払いはアプリ内で完結するため、煩わしいお金のやりとりは発生しません。配達員は自分の好きな時間に仕事を受けられるため、一般的なアルバイトのように勤務予定を決める必要もなく、新しい副業としても注目されています。

なんと、このコラム掲載日11月28日にいよいよ福岡でもサービスがスタートします。対象エリアは、博多区・中央区・城南区・南区とまだ限られていますが、まずはアプリをダウンロードして見てください。自宅が対象外であっても、対象の住所への配達であれば利用することはできます。

まだ、登録店舗は少ないですが、これまでデリバイリーをやってなかったところで早速、注文したいところもありました。写真も綺麗ですし、忘年会シーズンにはワクワクするサービスです。

お問い合わせ

お問い合わせ






お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お住まい(必須)

題名

メッセージ本文