どうなっとうと?デジタル (西日本新聞コラム)

スマホの文字入力が苦手な方へ

水曜日は西日本新聞「どうなっとうと?デジタル」の日

今回は、以外にも取り上げていなかった文字入力について。
アプリCafeにお見えになる方、女性の方にはガラケー打ちでスマホを連打している方が多い印象です。女子高生には両手でスマホを持って、ものすごいスピードでフリック入力をしている様子を見かけます。

男性は元々、指が大きいので最近の大きくなったスマホは、ずいぶん使いやすくなっているようです。

そこで、今回の質問は、こちら↓

 

Q.スマートフォンの文字入力が苦手です。何か良い方法はありますか?

 

A.ガラケーと異なり、スマホではキーボードボタンを押した感覚がないため、文字の誤入力が増えて面倒臭いと感じている方が多いようです。

 

一般的にガラケーの文字入力は「ガラケー打ち」、スマホの文字入力に多く使われている方法を「フリック入力」と言われています。

 

フリック入力とは、 ガラケーの時のようにテンキーを押すのとは違い、スマホのフラットな画面の特徴を活かして文字を押したまま、上下左右に指をスライドさせるだけで文字入力ができるため、誤入力も少なく入力のスピードが早くなるのが一般的です。

 

パソコンを使い始めの時、キーボードを見なくても文字入力ができるブラインドタッチを習得するために専用ソフトで練習をするように、フリック入力も慣れるまではアプリで練習しましょう。もちろん、私もiPhoneを使い始めた時にアプリでフリック入力の練習をしました。

 

iPhoneではAppStore、AndroidではPlayStoreで「フリック入力 練習」と入れてアプリを探して見てください。

するとたくさんのフリック入力練習アプリが見つかります。その中から無料でダウンロード数の多いもの、★の数の多いものを選んでダウンロードしてください。 一週間も続けて練習をすれば、おそらくフリック入力にも慣れるでしょうし、何より入力のしやすさを感じるのではないかと思います。

 

iPhoneは設定>一般>キーボードから、Androidは設定を日本語入力にした上で入力スタイルから、フリック入力のみを選ぶと連打しても同じ文字しか出てこ図、キーボード表示も少し変更され、より快適にフリック入力をお使い頂けます。

 

             

 

その他、iPhoneのキーボードや、グーグルの検索窓にはマイクのマークが表示されています。マイクをタップすることで音声入力が可能となります。iPhoneの文字入力は使えば使うほど入力精度が良くなるので、ぜひこちらも試して見てくださいね。

 

お問い合わせ

お問い合わせ






お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お住まい(必須)

題名

メッセージ本文