どうなっとうと?デジタル (西日本新聞コラム)

スマホにセキュアソフトを入れよう!! 〜スマホを使ってみよう④

Q.心当たりのないメールがよく届きます。他にもLINEの会話が外部に漏れたりしないか、スマートフォンのセキュリティーが心配です。

 

A.スマホは、携帯型の小さなパソコンを持ち歩いているようなものです。自分だけでなく家族や友人などの個人情報も保存されているため、情報の漏えいが心配ですよね。

セキュリティーについて、①スマホの中②スマホ本体③スマホの扱い方―という観点で対策を考えていきましょう。

 

まず①、つまりソフト面について。アンドロイドの場合、月300円前後の追加料金で、セキュリティーアプリが利用できます。携帯会社で契約せず、自分でマカフィーやウイルスバスターなどのスマホ用セキュリティーソフトを購入して利用することもできます。

Androidの場合は、Play Storeから、iPhoneの場合は、App Storeからダウンロードすることもできますが、それそれのホームページからもダウンロードすることができます。

こうしたソフトを入れることによるウイルスの防御率は非常に高く、また保護者機能といって、有害サイトのフィルタリングもできるため、子どものスマホにも入れておくことで安心です。

iPhoneは一般的にウイルスに感染しにくいと言われています。そのため、ウイルス対策アプリを入れている方はアンドロイドより圧倒的に少ないですが、ワンクリック詐欺や不正請求の被害も出ているようなので、対策をしておいた方が望ましいです。

 

②は、指紋認証や顔認証、パスワードなどによるスマホの待機画面のロックがとても重要です。面倒だからとロックしていない人もたまに見かけますが、必ずロックしておきましょう。指紋認証や顔認証も100%ではないものの、自分の個人情報だけでなく、家族や友人の個人情報も盗まれてしまう危険性があることを十分に理解しておくことが大切です。

 

③については、どこでも置きっ放しにせず持ち歩くこと。これだけは、自分自身が気をつける他にないため、案外見落とされがちで、”スマホを携帯する”習慣のない人が一番、やってしまいがちです。万が一、紛失しても誰かが勝手に操作しないように画面をロックしておくこと、紛失場所の特定ができるように設定しておくことが重要です。

 

スマホを探す機能については次回、ご紹介します。

お問い合わせ

お問い合わせ






お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お住まい(必須)

題名

メッセージ本文