どうなっとうと?デジタル (西日本新聞コラム)

災害に備えてアプリの準備をしておこう

Q.災害に備えるのに必要なアプリはありますか?

A.けたたまいしい通知音が鳴る緊急速報メールは、全身に緊張が走ります。格安スマホは、緊急速報メールが届かない端末が多いので、「Yahoo!防災速報」など災害情報を通知してくれるアプリをダウンロードしておきましょう。

災害状況によっては電話がつながりにくくなります。家族や友人との連絡は、LINEなどのSNSやメールを利用しましょう。携帯電話会社が提供する「災害用伝言板」や「災害用音声お届けサービス」なども有効です。ドコモは「災害用キット」、auは「au災害対策」、ソフトバンクは「災害用伝言板」の各アプリをダウンロードしておきましょう。

大規模災害時、被災地域では通信料が無料のWi-Fi「00000JAPAN」(ファイブゼロジャパン)が使えるようになり、月当たりの通信量を気にせずに情報収集できます。iPhoneの場合、「設定」「Wi-Fi」「00000JAPAN」の順にタップすると、IDやパスワードなどを入れなくても使えるようになります。  ただ、暗号化されていないため、このWi-Fi使用中にクレジットカード情報の入力やネットバンキングをすると、他人に盗み見される恐れがあります。Wi-Fiをいったん切って、携帯電話会社の回線(4GやLTE)を使うようにしましょう。

いざというとき慌てないように、ニュースや天気予報、ラジオなど災害用のアプリはひとまとめにしておくか、近くに配置しましょう。災害用伝言板は毎月1日と15日、正月三が日などに体験できます。月に1度は体験しておけば、落ち着いて利用できます。

お問い合わせ

お問い合わせ






お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お住まい(必須)

題名

メッセージ本文