どうなっとうと?デジタル (西日本新聞コラム)

スマホを紛失した時に必要な手続き〜スマホを使ってみよう⑦

Q.スマートフォンを紛失したら、どんな手続きが必要ですか。  

 

A.どのスマホでも行うべき手続きと、日頃使っているサービスによって必要な手続きがあります。

①通信会社への連絡  

大手携帯会社でも、格安スマホのMVNO(仮想移動体通信事業者)でも、まずは「お客さまセンター」などの窓口に電話するか店頭に行き、一時利用停止の手続きをします。これで不正な通話や通信を止められます。

スマホの保険に加入している場合、携帯会社で保証内容を確認しましょう。Apple Careでは紛失・盗難は保証の対象外の様ですし、携帯会社の提供する保険でも新たに購入するスマホを会員価格で購入できると言うものの様で、臨時の支出は免れないようです。

 

②カード会社への連絡  

「おサイフケータイ」や「Apple Pay」などの決済サービスをはじめ、クレジットカードや交通系カードをスマホに登録している場合、それぞれのサービスを提供している会社に連絡し、利用停止の手続きをします。

 

③交番に遺失届  

最寄りの交番に行き、遺失届を出します。交番の混み具合にもよりますが、30分程度の時間がかかることは想定しておきましょう。紛失や盗難の日時や状況、機種や損害額など詳しく聞き取りを行い調書を作成するため、多少時間が掛かります。

 

④パスワード変更

SNS(会員制交流サイト)やクラウドサービスのパスワードを変更します。1日に何度も利用するため、パスワードを入れなくても使えるようにしている方がほとんどだと思います。スマホのロックを解除された途端、SNS のアカウントを乗っ取られたり、自分以外に友達の個人情報まで盗まれてしまう可能性があるので、面倒でもすぐにパスワードを変更しましょう。

ただし、LINEの操作には注意が必要です。アカウントを削除すると、トーク履歴や有料のスタンプなど全て消えてしまうので、「アカウント引き継ぎ」がお勧めです。紛失したスマホとは別のLINEが使える携帯端末にLINEをダウンロードし、写真の手順で操作します。LINEについては次回、詳しく紹介します。

お問い合わせ

お問い合わせ






お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お住まい(必須)

題名

メッセージ本文