どうなっとうと?デジタル (西日本新聞コラム)

スマホのメール使い分け、どうしてる?〜スマホを使ってみよう②

Q.スマートフォンのメールの使い分けがよく分かりません。

 

A.スマホにするとメールアドレスが増えるので、何をどう使ったら良いのか、これまでのメールではだめなのか、疑問ですよね。

 

スマホで使えるメールで代表的なものは次の通りです。

種類 アドレス
ショートメール(SMS) 電話番号
キャリアメール(MMS) 〜@docomo.ne.jp/〜@softbank.ne.jp/〜@ezweb.ne.jp(‘18.4.1以降、「〜@au.com」へ)
ソフトバンクiPhone 〜@i.softbank.jp
アンドロイド 〜@gmail.com
iPhone 〜@icloud.com/任意に取得したメールアドレス gmailも可

①のショートメールは、電話番号宛てに最大70文字のメッセージを送ることができますが、画像は添付できません。

 

②のキャリアメールは「携帯メール」ともいわれ、ガラケー(従来型携帯電話)の時代から使われています。文字のサイズや色が工夫されてインパクトのあるHTMLメールというタイプのメールは受信できません。会員登録などをする場合には、PCメール(パソコンのメールでEメールともいいます)しか使えないことが多く、メインのメールとして使うにはふさわしくありません。ただ、ソフトバンクのキャリアメール(③)は、PCメールと同様に使えます。

 

PCメールに該当するのが④と⑤です。アンドロイド利用者は④、iPhone利用者は⑤または任意に取得したメールが必須となります。アプリをダウンロードしたり各種設定の際にIDとして使ったりする利用頻度の高いメールです。②をIDに設定する方が多いようですが、携帯会社が変わると使えなくなるため、④や⑤への変更をお勧めします。

携帯(通信)会社を変更したことで、以前のメールアドレスが使えなくなり、これまでのデータを使うことができなくなります。仕事の資料や家族との思い出の写真など、スマホに大切なデータが入っている人は、キャリアメールの利用は控えましょう。

 

このように複数のメールを使えますが、身近な人との連絡にはLINEやメッセンジャーなど無料でやりとりできるメッセージアプリが使いやすいです。なお、①は受信は無料で送信は有料ですが、送信は1通3円程度で、プランによっては無料になる場合もあります。②~⑤は毎月のデータ通信量にカウントされるので、別料金を気にせず使えます。

お問い合わせ

お問い合わせ






お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お住まい(必須)

題名

メッセージ本文