どうなっとうと?デジタル (西日本新聞コラム)

IDやパスワードの管理の仕方 〜スマホの使い方③

Q.IDやパスワードの管理はどうするのが良いですか?

 

A.前号で紹介した様にIDやパスワードは、利用するアプリやサービスが増えれば増えるほど、管理が大変になります。

 

サービスによっては、メールアドレスをIDとしているものも多くあります。パスワードを忘れても、すぐにリセットできるものもあります。一方で、IDやパスワードを忘れた場合、郵送で再発行と言う手順を踏むことになり、利用しようと思っても10日前後かかってしまうこともあります。この場合、正直、気持ちが萎えてしまって、手続きを放棄してしまうのですが、どうしても必要な情報については放棄していられないため、面倒だなぁ〜と思いながら手続きするわけです。

 

このように、サービスによって取り扱いが異なるのは、サービス提供する側のセキュリティに関する考え方の違いがあります。以前、IDは利用者が自由に設定できるものが多かったのですが、パスワードだけでなくIDも忘れてしまうケースが多いため、最初からメールアドレスをIDとするサービスが増えています。その場合、IDを入力する欄の前後に「メールアドレス」と説明が加えられているところもあり、細かい配慮が感じられます。

 

これまでアプリCafeやセミナーなどで数百人の方にお話をしてきましたが、その多くは、メモ紙や手帳に書き留めていたり、スマホのメモにIDやパスワードを記録していました。ただ、メモは紛失したり、手帳は毎年買い替えたりするため長期的な保管に適していません。さらにキレイに書かれておらず、走り書きだったり、サービス名を書かずにIDとパスワードだけしか書かれていなかったり、不十分なケースも少なくありません。

 

スマホのメモを使っている場合は、サービス名、ID、パスワードは正しく記録されていますが、スマホを紛失したり、故障したりすると、IDとパスワードも確認できないと言う事態に陥ってしまいます。紛失や故障であれば、その後、復活させる余地はありますが、盗難にあった時は一大事です。iPhoneは特に標準のメモアプリを使っている人がほとんどなので、画面のロックを解除されてしまえば、メモアプリはすぐに見られてしまい、Facebookやメールへのアクセスし放題、個人情報も取られ放題、そしてオンラインバンキングをやっていようものなら、預貯金さえ取られ放題、と言う事態に陥ってしまいます。

と聞くと、「あ〜、もくよく分からないし怖いから、もう使うの止めよう」と言う思考になる方が多いのも承知しております。闇雲に不安がるのではなく、次の管理方法について読んで見て下さい!!

 

理想の管理方法は、暗記です。が、さすがにそれは現実的ではありませんよね。そこでパスワード管理のための専用アプリ「1Password」やスマホの半分くらいのサイズのパスワードマネージャーと言う機器があります。これらの特徴は、IDとパスワードは全て登録し、それらを利用するためのパスワードを一つだけ覚える。そしてIDやパスワードを必要な時には、覚えたパスワードを入力して利用したいサービスのIDとパスワードを調べると言う流れになります。

 

お金や個人情報と言った、極めて重要なものを守るためのツールは、ほぼ、有料になることはご理解下さい。当然ですよね、命の次に大切とも言われる様なものなんですから!! 残念なことに、日本人には「無料」であることがさも良いことだ、と言う考え方を持っている方がとても多くいます。無料であることの意味、有料であることの価値をよく考えれば分かることなのですが、アプリは特に無料で利用できるものも多いために、その様な考えが根付いてしまっているのも否めないと感じています。

 

手帳の使いやすさ、使い慣れたメモアプリはパスワード管理には適していません。専用アプリやセキュリティ機能のついたアプリ、またはパスワードマネージャーの様な専用機器で管理しましょう。

お問い合わせ

お問い合わせ






お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お住まい(必須)

題名

メッセージ本文