どうなっとうと?デジタル (西日本新聞コラム)

モバイルバッテリーも使い分け?

Q.外出先でスマートフォンのバッテリーがなくなることがあるので、携帯用のバッテリーが欲しいのですがおススメはありますか?

A.フル充電しているから一日は持つだろうと思っていたら、ナビを使ったり写真をたくさん撮ったりして、途中でバッテリーがなくなって時間さえ分からずに困ったと言う経験は、私もあります。

 

スマホは使い方や購入後の経過年数によってバッテリーの減り方は人それぞれです。何時間くらい、もしくは何日くらいでバッテリーがなくなるか、ある程度把握しておきましょう。その上で、いつもより多くスマホを使う場合には携帯用バッテリーを持ち運ぶと、どこでも充電できるので便利です。

 

携帯用バッテリーは、事前にコンセントで充電しておいてから使用します。

1回充電、2回充電など、最大で何回充電できるか、急速充電できるか等によって大きさも金額も異なります。

1回分のバッテリーは重さ100g程度とコンパクトでおしゃれなものもあり1,000円程度で購入できます。スマホもダブレットも同時に急速充電できるものになると5,000円前後で、重さも500g超と重量感があります。

 

国内において電源のないところは今では早々ありませんので、1〜2回充電できるものを持っていれば、それふど不自由をすることはなさそうですが、キャンプなどアウトドア旅行などの場合は各自バッテリーを持ち歩くか、場合によっては一度に2~3台充電できるタイプの物を持っておくと便利ですね。

 

ちなみに、私は出張に行く時には必ず2回フル充電できるバッテリーを持ち歩いていましたが、充電できるカフェの充実と、iPhone7plusに機種変更して以来、バッテリーの持ちが良くなったことで持ち歩かなくても良さそうです。

 

と、TPOに併せて使い分けも必要な気がしてきましたが、いざと言う時にはコンビニで乾電池をを入れ替えるだけの簡易的なバッテリーを販売しています。

 

ただ、スマホの容量によっては乾電池タイプや1回充電タイプではフル充電ができないものもありますので、デザインや金額だけでなく説明書きをよく読んで購入して下さい。

 

最近はカフェや休憩スペースなどで無料で充電できるところが増えているので、スマホの充電器を持ちまわっても良いでしょう。 但し、特に表示のないところでの勝手な充電は「盗電」と言うことで窃盗になりますので、勝手な充電はしないように気をつけて下さいね。

お問い合わせ

お問い合わせ






お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お住まい(必須)

題名

メッセージ本文