どうなっとうと?デジタル (西日本新聞コラム)

ググれ、○ス!!「検索力」に自信はありますか?

Q.最近「詳しくはWebへ」と言う広告が多いのはなぜですか?それは、どうやって調べたら良いですか?

 

A.確かに、多くのテレビCMや折込広告で「詳しくはwebで」と表示されているのを目にしますよね。商品やサービスの良さを短いテレビCMでは伝えきれなかったり、紙面では表現しきれなかったりすることを専用webサイトで詳しくゆっくり見て欲しい言うことからです。

 

専用サイトでは、例えばサイズや種類、利用者の声など、テレビCMや折込広告では分かりにくい使い方を場合によっては動画で紹介されていることもあります。「詳しくはWebで」という表示は、商品やサービスを詳しく分かる手段が他にあると言うことです。

スマホの普及に伴ってネットショッピングの利用者も年々増加しているので、気になった時にすぐに調べられる、すぐに買える環境が整えられています。

 

これらの情報をスマホで調べる場合、Androidの場合は「Google」でiPhoneの場合は「Safari」で調べるのが一般的です。どちらも開くと検索窓が現れ、虫眼鏡やマイクのマークが表示されます。そこに調べたいものやサービスの名前を入力するのですが、多くの広告では具体的に検索して欲しいキーワードを表示しています。

 

検索に慣れない方は、思っているサイトが見つけられず諦めてしまいがちですが広告に書かれている検索キーワードをそのまま入力して調べてみて下さい。文字入力が苦手な場合は、マイクのマークをタップして音声入力する方法もあります。

 

スマホのアプリには共通のマークがいくつかあります。虫眼鏡のマークは検索、三本の線はハンバーガーと呼ばれていてメニューが表示されます。歯車のマークは設定です。意識して色々触ってみて下さい。

ただ、使い慣れない方、シニアの方を見ていて一番感じることは「ネットで調べる」と言う発想や考えがほぼ無い、と言うこと。また、若い人達のように、すぐに知りたい、気になると言うほどバタバタした感じではなく、時間がゆったりと流れていて、人生には急いで調べないといけないことや、緊急を要することはそれほど多くないと言うことをご存知で、それが結果的にスマホの必要性や利便性に触れることから遠ざかってしまうと感じています。

お問い合わせ

お問い合わせ






お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お住まい(必須)

題名

メッセージ本文