どうなっとうと?デジタル (西日本新聞コラム)

電話なのに電話の仕方が分からない!?スマホ最初の一歩

Q.スマートフォンに電話が掛かってきた時、普通の電話かLINEに掛かってきたのか分からずにいつも戸惑ってしまいます。

 

A.電話の送受信はスマホに変更して最初につまずくところで、多くの方が慣れるまでは戸惑うポイントです。

以前はアプリを立ち上げなければ電話を取ることができなかったのですが、今は「応答」や「📞」の緑のマークが表示されるのでタップするだけでほとんどの場合受信できます。

 

戸惑ってしまう最大の原因は、先方の使っているアプリによって下図の様に表示画面が異なるところにあります。

 

スマホに慣れていない人からすると、表示画面が少し違うだけで、怖い、間違ったら大変、壊れたらどうしよう、と言う不安が先に来てしまいます。

その結果、電話を取るのが間に合わず、折り返し電話をすることになります。

そして、折り返し電話を掛けるにしても、普通の電話に掛けて良いのか、LINEに掛けないといけないのか、LINEからはどうやって電話を掛けたら良いのか分からないと言うことがあるようです。

 

電話もLINEも発信する時には、アプリを立ち上げ相手を選んで発信するのが一般的ですが、iPhoneの場合、電話の履歴を開くと電話からだったのかLINEからだったのか表示されるので、そのままタップするだけで折返し電話することができます。

 

電話とLINEでの通話には、通話の安定性に違いがあります。

LINEの場合、電話回線ではなくインターネット回線で通話をするため、それぞれの通信環境によって相手の声が聴きづらかったり、途切れたりすることがあります。外出先や通信状況の悪い場所で電話をしたい時には、LINEではなく「電話」で通話することをお勧めします。 ガラケーや固定電話の時のような気軽さがなくなったと感じる方もいると思いますが、まずは身近な人と電話し合うことで慣れて行ってくださいね。

 

ガラケーからiPhoneに機種変更して、まずは「電話」とは思うものの、電話の掛け方が分からない。その上、かかってきたときに、「え?どうしたら電話に出られるの?」とずいぶん戸惑ったのは、2011年11月頃だったと思います。

当時は、「iPhoneは電話をしていても画面に顔が触れて電話が切れて使いにくい」そんなことも言われていて、変更するのに迷ったり、何がどう便利なのか分からなからと機種変更に踏み出せなかったりしました。

 

慣れてしまえば、「な〜んてことはない」のですが、「慣れる」までの時間に差が出てしまいます。親がスマホに機種変更をしてくれずに不便だ、とかスマホに機種変更したものの何度教えても覚えなくて困っている、と言う話をよく耳にしますが、その辺りをご理解のうえ、見守って頂ければと思います。

 

仕事やプライベート以外に趣味やスポーツなど社会との関わりを持つことで、連絡手段はスマホやLINEがメインとなりますし、色々なツールを使うケースが増えてきますので、「スマホを使う環境」に身を置くことを考えると必要に迫られ年齢に関わらずスマホを使いこなせる様になると思います。

 

 

 

 

 

お問い合わせ

お問い合わせ






お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お住まい(必須)

題名

メッセージ本文