どうなっとうと?デジタル (西日本新聞コラム)

夜景や花火をスマホでキレイに撮るコツ

Q スマートフォンで花火をきれいに撮る方法を教えてください。

A スマホで花火や夜景を撮るのは難しいですよね。真っ暗になって残念な仕上がりになることもしばしばです。

 

基本は、しっかり固定すること!!

 

一眼レフカメラなどは暗いときには光を取り込もうとシャッタースピードが遅くなり、ぶれやすくなりますが、一般的なスマホはシャッタースピードが変わりません。カメラのように三脚は必要ないと思いますが、そもそも小さくて軽く不安定なので、両手でしっかり持ちます。

 

iPhoneは、カメラモードにした時に音量ボタンがシャッターになります。

画面上に表示される白丸シャッターより、音量ボタンを使った方がよりぶれにくいようですので、試してみて下さいね!!ちなみに、音量ボタンはUPでもDOWNでもシャッターを押すことができます。

 

アンドロイドのスマホには、夜景モード、花火モードのように撮影シーンが設定されているものもあります。そうした設定がないiPhoneは、①フラッシュはオフ②HDRはオン③AE/AFはロック―に設定します。
①は、花火までの距離が遠いため、フラッシュの効果がありません。バッテリーも消耗するためオフにします。

②のHDRは補正機能のことです。iPhoneのカメラは明るい部分が白く飛んだり、暗い部分は真っ暗になったりする弱点があります。

③は、画面を長押しして「AE/AFロック」という文字が出てくると、四角のマス目の部分のピントと明るさが固定されます。次々に打ち上がる花火を撮影しようと、スマホをあちこちに向けがちですが、1カ所に集中しましょう。

たくさんの写真を撮ること、連写モードやビデオ撮影を利用するのもお勧めです。

iPhoneでビデオ撮影する際には、カメラモードの時のように白丸シャッターが画面左上に表示されます。写真も撮りたい時には、白丸シャッターを押すことで「瞬撮」もできます。ただ、これではスマホがぶれやすくなるので、選曲的にオススメは致しません。

撮影したビデオから素敵なワンショットを切り取るアプリ「Movie2image」などもあるので、このようなアプリを利用することをオススメします。

 

プロのカメラマンが何百枚と撮影してベストショットを選ぶのですから、素人の私たちが数枚撮っただけで、いい写真に巡り合えるわけもありません。

 

スマホの容量やバッテリーが少ないと、多くの写真は撮れないので、出掛ける前に確認しておきましょう。

お問い合わせ

お問い合わせ






お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お住まい(必須)

題名

メッセージ本文